生目温泉

行き交う車に注意をしながらカーブする県道52号の端っこを歩く。浴舎は県道に面し、ガードパイプに守られている。ぼんぼりが下がる入口の扉を開けるとすぐさま脱衣所だ。




使い込まれた室内には木製の棚が造りつけられている。その先に浴室が控える。脱衣所と浴室の間に仕切りはない。

浴槽は小ぶりで3人ほどでいっぱいだ。浴室もコンパクトだ。浴槽の側には湯だまり枡がある。こちらに刺された木栓で供給される湯量を調節するのだ。枡に顔を近づけると硫化水素臭がする。なんとも心地よい。
浴槽に満たされた湯からはハッとするような臭いは感じ取れなかったが、源泉そのものには個性が潜んでいたようだ。うっすら白く濁る湯が隠れた力を見せている。




洗い場らしき洗い場はない。それらしいのが浴槽の傍らに一か所あるのみだ。浴槽の周りで洗うのが別府の習わしだから、洗い場は不要なのだ。
温泉まつりの日以外でもよそ者は入れる。別府共同湯の魅力が詰まっている。


生目温泉
別府市南立石生目町14組
単純温泉(石垣線)
78.0℃
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
100円
6:00~8:00/10:00~22:30
2017/4/1

向原温泉

県道52号が坂道を外カーブする側にコンビニエンスストア-ローソンがある。これが目印だ。店舗から北へ入るとすぐさま右手に浴舎が建つ。2台ほどの駐車が可能だ。ぼんぼりが別府温泉まつりの参加施設だと教える。




扉を開ける。先客と入れ替わりに一人っきりの時間に恵まれた。僅かな時間だった。脱衣所と浴室は同じ空間だが高さは異なる。木製の棚に衣服をしまう。階段を5段降りると浴場だ。

浴場の中心に浴槽が配置され、湯を汲み上げて体を洗う。別府で見られる風景だ。少しだけ白濁りの湯が揺れている。明快な臭いを感じるとることはできない。至って素直な印象を残す。加水、消毒など一切の加工はなく湯口に届いているようだ。




ほどなく地元の方と同湯となる。行き届いた掃除と整えられた浴室内を眺めながら時間を過ごした。


向原温泉
別府市南立石2区
単純温泉(石垣線)
78.0℃
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
100円
6:00~9:50/12:00~23:00
2017/4/1

西別府団地温泉

南立石公園の西隣、住宅が並ぶ中に公営住宅が建つ。浴舎は公営住宅に囲まれた広場の一角にある。4台ほどの駐車場が用意される。別府市にあってこれほどゆったりとした空間に存在する共同浴場を他に知らない。
温泉まつりの暖簾が揺れる扉を入る。浴舎は真新しい。すべての人の利用しやすさを意識した造りだ。




脱衣所には木製の棚、洗面台、手洗いが備わる。洗面台の側には料金箱が用意される。扉を開けると浴室だ。中央に長方形の浴槽、左手に洗い場、右手隅にかかり湯枡が配置される。浴槽に満たされる湯は極薄っすら白く濁る。手にすくう湯からは気を引く臭いを感じ取ることはない。至って素直な印象の湯だ。




洗い場の側には来客用の洗面器が備わる。よそ者の来訪を歓迎するメッセージのようでもある。わずか100円で自然の贈り物をかけ流しで楽しめる。別府の力だ。


西別府団地温泉
別府市南立石2区
単純温泉(石垣線)
78.0℃
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
100円
6:00~10:00/12:00~23:00
2017/4/1

鉄輪温泉 みどり湯

賑やかな鉄輪温泉のエリアとは思えないほど静寂に包まれている。国道500号の北と南では町の空気が異なるのだ。
木造の浴舎は2016年4月の地震の影響を受けていないようだ。地元の方々専用の浴場だが、別府温泉まつりで一般開放された。




扉を開けると脱衣と浴場が一体化し、素朴な無垢板で仕上げられたやや暗い木の空間が現れる。極めて合理的な浴室だ。コンクリートで築かれた浴槽には透明の湯が満たされている。手にすくい湯を鼻に近づけると石膏のような臭いと僅かに塩素臭がする。口に含むと塩味に気付く。肌を刺激するようなことはなく素直な浴感だ。




温泉まつりのぼんぼりはなく温泉まつり一般開放の貼り紙もない。一旦躊躇したが、扉を開いた。共同浴場らしい風情が大切に守られている。一般開放に感謝。


鉄輪温泉 みどり湯
別府市北中4組
泉質不明
泉温不明
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
ジモ専(組合員以外入浴不可)
2017/4/1

上野口温泉

別府市役所のすぐ側にひっそりと佇む。1階が浴場、2階が公民館という別府でよくみられる形態の共同浴場だ。組合員専用の浴場だが、別府温泉まつりにあわせ日時を限定して一般開放された。




扉を開け左を向くと、広い空間が現れる。手前に脱衣スペースが設けられ、視線の先に浴場空間がある。脱衣所と浴室は一体化し奥行きは深い。木製の脱衣棚の下には温泉まつり来客用の洗面器が用意されている。

浴槽はコンパクトで、左の壁に沿い配置されている。枡に刺さった木栓で湯量を調節する別府ならではの方法で源泉の供給が調整される。満たされる湯は極極うっすら濁りだ。臭いを求めてすくいとるが感じ取れる印象はない。至って素直な感触を肌に残す。
洗い場が用意されているが、供給されているのは水のようだ。従って体を洗うのは浴槽の周りである。これもまた別府でよくみられる風景だ。




しばらく経つと高齢の方が二人続けて来られた。地元の方と思われる。生活に温泉が溶け込む風景こそが別府の魅力だ。


上野口温泉
別府市上野口町2-43
泉質不明
泉温不明
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
ジモ専(組合員以外入浴不可)
2017/4/1

鉄輪温泉 大師温泉

いでゆ坂の東の端、温泉宿みゆき屋が角に立つ交差点をさらに東へ下ると湾曲した場所に鉄輪東公民館が建つ。温泉まつりのぼんぼりが下げられている。組合員専用の温泉であり組合員以外は入れない。別府温泉まつりで日時を限定し一般に無料開放された。




11時から始まった一般開放、次々に人がやってくる。そして、1分もしないうちに上がっていく。激熱なのだ。
通路を下ると靴箱がある。隣には木製の脱衣棚が置かれている。脱衣所と浴室は一体化している。振り向くとコンクリート製の浴槽が壁に沿い鎮座する。
湯溜め枡の木栓を抜いて湯を供給する方法ではなく、枡から延びた鉄管から湯が注がれている。加水されているが激熱だ。かかり湯のみで諦める人もいる。




見た目は透明だ。口に含むと塩味がする。無心に臭いを求めると石膏のような臭いがする。浴槽の内部には段が設けられており、滑らないような工夫が施されている。洗い場はあるが水のみが出る。

観光客でにぎわう鉄輪温泉のすぐ傍に位置するため。人が途切れることはなかった。駐車場は2台分あるが、運がよくなければならない。


鉄輪温泉 大師湯(大師温泉)
別府市鉄輪東4組2
泉質不明
泉温不明
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
ジモ専(組合員以外入浴不可)
2017/4/1

北鉄輪温泉

賑わう鉄輪温泉旅館街から県道218号を柴石方面へ200mばかり進む。押ボタン信号機を左方向に折れ、坂道を上っていく。400mほど上ると北鉄輪公民館が見える。
公民館の東向かいに浴舎が立つ。




扉を開け中に入り靴を脱ぐ。右側が男湯だ。脱衣所と浴場は一体化している。
別府らしい浴場の姿が目に飛び込む。何とも落ち着く昭和の風情だ。木製の棚に服を重ねる。

男女を分ける壁に沿い四角形の浴槽が配置されている。コンクリート製に見える浴槽の淵は洗い場の面よりわずかに高い。埋め込まれているようにも見える。質素な印象を受けるが、浴槽の底には切り石が組まれている。
湯口は男女を分ける壁に枡があり、切られた溝から浴槽に注がれる仕組みだ。溝にはタオルが噛まされ、必要に応じこれを外し湯を供給するようだ。




湯は透明で際立つような臭いを感じることはない。浴槽は2人も入れば満員で、洗い場もさほど広くはない。入口の壁にかかる組合員札数は少ないので、浴場の規模としてはちょうどいいのかもしれない。




温泉まつりでお邪魔した組合員専用の浴場7湯の最後がこちら。入浴中、組合員の方にも一般客にも会わず貸切の湯をいただいたのはこちらだけだった。極上の風情を保っていた。

組合員専用ながら別府温泉まつりで一般開放していただいたことに改めて感謝したい。


北鉄輪温泉
別府市北鉄輪4組
泉質不明
泉温不明
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
駐車場なし
ジモ専(組合員以外入浴不可)
2016/4/2